遠征二日目

この日は殆どが再会。

まずはお約束のCocorock
ベッキーさんと駄弁って、営業に来たクリンプマン氏とも駄弁る。
相変わらず面白い人たちや。このゆるい時間だけでも来た価値あるんやて。

北信越のユニフォーム用にTOTAを発注して目的達成。

3年目にして初めて、ベッキーさんとセッションした。ゆるーくハードに、面白い。
でも前日の疲れがヤバいことを実感。

ゆるさにかまけて写真撮るのを忘れていたが、ようやくジム紹介。
壁は面が細めで高さが感じられる。
テンチョーがベッキーさん。ホールドといい、マニアックな人。

グレードはちょい辛めかな。

昔は4~3級の茶色が登れなかったのだが、今は得意を見繕えば登れたり。でもやっぱホームとどっこいで辛いなー。

そうそう、小さなジムだが著名なセッターをちょいちょい呼んでいるのが印象的。
因みに7月のホールド替えはアキトさんだったようで、ちょっと悔しかった。あの方の課題、好きなんですよ。

雨にすこぶる弱く、去年は私が来た次の日からの大雨で水没した。
今年も翌日から雨予報でドキドキだったが、無事だったらしい。

ま、また行くんでいつかは写真とると思います。



旅の最後はミストラル。

縁があって今年も来れた。何故か私がコンペに出るとき、チョークバックのポケットにはここの会員証が入ってます。験担ぎってやつです。

へたってきたマットの上に布団が敷いてあったり、フランクリン(廃盤のホールド)があちこちで現役だったり、正直オールドです。
すごくホームに近い雰囲気でほっとする、いやホームのほうがかなりボロいんですけどね。

毎回関東で思うのが、ボルダリングって流行っているんだろうなーてこと。

どこのジムもお洒落で綺麗で、接客もちゃんとしたスタッフがいて課題を聞くと親切に答えてくれる。
これって当然と思われているのだろうけど、客の取り合いになっているから発展しただけの話ですよ。
地方とのギャップを一番感じるところです。

でもどうなのかなーと思う点もあって、モヤモヤするのです。
だからMに来ると落ち着く。心のホームジムです。

話が横にそれましたが、待ち合わせた常連さんは相変わらずお強くてボロボロの体には刺激が強かった!

そう。ここはクライマーとして尊敬する先輩のホーム。
この人たちとのセッションを楽しみに遠路はるばる富山から来たのですよ!

しかし残念、、

ここで白熱してくると思いきや、リーチマンさんが長物の手本で腰をいわしたり、dadaさんがリードの手本で股関節をいわしたり、既に指だの腰だの膝裏だのいわしているクリンプマン氏が居るなかで、私の体幹は壊滅的に疲労。

こんなとこまでMくおりてぃ、、

ひとまずリーチマン氏から今回の目的であったブツを受け取り、軽くダベり。後ろ髪引かれながら帰路につきました。

また来年も来ますけど、お互いに五体満足で遊べる日は来るのでしょうか、、

皆様の健やかなクライミングライフを心よりお祈り申し上げます。
by acetyl_sally | 2015-07-09 22:09 | ジム遠征


岩なし富山に生息するクライマーもどき。


by さりちるさん

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
ジムクラ
コンペ

ギア
ジム遠征
栄養のはなし
プライベート
膝の話
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 05月
2018年 04月
more...

その他のジャンル

最新の記事

また山梨
at 2018-10-14 13:05
8月まとめ
at 2018-10-11 17:31
アートウォール
at 2018-10-11 17:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧